ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【HSC】新年度の奇跡。娘、一人で学校へ

スポンサーリンク


一人で先に登校班で登校できるようになった3年生の年度末。
のんびりした春休みを過ごし、4年生になりました。
【目次】

新年度に向けてお願いしたこと

春休み中に校長先生ともいろいろお話しし、今年度のお願いは最小限の2つだけ

  • 席は一番後ろの列(4列目)か後ろから2列目(3列目)
  • 引き続き母親の別室での待機

それ以外は、本人に聞いても特にリクエストがないのです。
昨年度末に比べても、本当に元気になり驚きです。

ついに始業式


で、ついに始業式の日がやってきました。
もう、朝からわたしも娘もドキドキです。

ですが、娘から力強い言葉が。
お母さん、来なくていいよ。
今日はクラスの発表と始業式があって、あと教室にちょっとだけ入るだけだもんね。たぶん、大丈夫」

わたし「ええ、本当に??ついてかなくて大丈夫?」

「ほんとに始業式だけだよね。給食ないもんね。うん、大丈夫。でも、絶対家に居てね。どこにも行かないでね。」

わたし「じゃ、先生に頼んでおくから、つらくなったら先生にお母さん呼んでくださいって言うんだよ」

とまあ、そんなやりとりがあり、行く直前まで緊張している娘をなんとか励まし、班登校の集合場所まで送り出す。

すぐに窓から登校班が動き出すまで見る。

ちゃんと副班長として、一番後ろからついて行くのを確認し、すぐに学校へ連絡です。

「おはようございます。Sの母ですが、まだ担任がわからないのでどなたにお話ししたらいいでしょうか?」

すると、1年のとき担任で、今は通級指導教室のM先生にかわります。

「Sの母ですが、今、ひとりで登校しました。
わたしはついてこなくていいと言われましたので、家におります。
何かありましたら、ご連絡ください」
するとM先生
Sちゃん、すごいじゃないですか!!!
わかりました。新しい担任に伝えておきます。」

電話終了。

いつ学校から電話が来てもいいように、わたしは自宅待機です。
でもね、いきなりの自由時間。
娘を登校させるだけでエネルギーを使い切ってしまい、一気に気が抜けるわたしです。

とりあえず、最近覚えたポモドーロで30分単位で家の中を片付けたりしてたら、あっという間にお昼。娘の帰宅時間です。
www.lifehacker.jp

娘は元気に帰宅

はたして娘は、友達と一緒に元気に帰宅してきました。
そして、午後は春休み中から約束していた友達4人と外に遊びに行きました。
もうビックリです。

担任の先生は40代の小学生のお父さん


担任の先生は、初めての男の先生、Y先生でした。
このY先生、娘が2年生のときから、ずっとわたしと娘にさりげなく挨拶してくださっていて、とても優しそうな先生だと思っていたのですよ。
昨年は、異動したばかりの先生だったので、これまでの経緯を知らずに、全く成長してないと勝手に解釈されて、強引な指導で逆戻りしてしまったので、今年の安心感は半端ない。
校長先生も考えてくださったんですね。

とりあえず電話でご挨拶しようと電話すると会議中。
ですが、すぐに折返し電話をくださり、とても好印象。
「これから協力していきましょう」
と言っていただき、さらに頑張ろうと思えました。

始業式から10日

あれから、昨日1日だけ休んだのですが、8日間一人で通っています。
朝、相変わらず緊張して
「今日は全校朝会ないかなあ。
班登校、置いてかれちゃう!
どうしよう!」
と大騒ぎ。
毎朝学校に、朝の予定を電話で確認してから娘を見送り、早9日。
昨日は疲れて休みましたが、嫌がらずに登校しています。

まだまだハラハラしますが、とりあえず出だしは順調。

というか、まさか、娘がひとりで登校する日が来るとは。
まだ、信じられません。

娘もかなり頑張っていると思うので、途中でポキンと折れないように、様子をみながら登校させようと思います。


これまでの不登校の経緯はこちらをお読みくださいね。
kanemotikaasan.hatenadiary.com

◎よかったら、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ

にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 不登校へ

◎お知らせ
HSCのブログ村のトラコミュを作りました。
ぜひご参加ください。
にほんブログ村テーマ HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中へ
HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中

ブログ村テーマ
不登校問題の考え方と支援のあり方

不登校を克服
学校、教育機関



◎節約ブログも書いています。
ポジティブ母さんの節約日記


follow us in feedly