ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【2年生3学期から3年生にかけて④】3年生4月5月の話

スポンサーリンク

2年生の終わりから3年生にかけての出来事を振り返ってます。

前回の記事はこちら
【2年生3学期から3年生にかけて③】新年度早々違和感。机に位置が話と違っていた - ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

3年生1学期にできるようになったこと

新担任の先生のちょっと勘違いな配慮に不安を覚えながらも、私もクラスに同席させてもらい、順調に3年生4月は過ぎていきました。

できるようになったことはこちら

  • 1年生を迎える会で、クラスのみんなに混ざって体育館で鍵盤ハーモニカを演奏できた。


  • 全く出られなかった週1回の体育朝会、なんとマラソンだけ参加できました。


マラソンだけがんばって、すぐに校庭の隅にいた、私のところに逃げてきたけれど。
先生が慌てて追っかけてきてくれたので、申し訳なかったです。

  • 登校班で登校できるようになった。(母親もくっついていきますが)


  • 金管バンドに入った。(母はずっと渡り廊下で待ってますが)

このように、順調にいけば、3年生2学期には一人で通えるようになると、わたしも楽観視していたんです。

ところが、5月から、だんだん雲行きが怪しくなってきたんです。

担任の先生からこんな言葉をいただいた

新担任の先生、過去に何人も不登校児を復活させたことがあり、ご自身も認証心理士の勉強をされているという方。
私も安心しておまかせしていたんですね。
そうしたら、突然、先生からこんなことを言われたんです。
「お母さん、Sちゃんのだいぶいろいろなことができるようになりましたし、教室から出ていただけませんか?
クラスというのは、先生がお母さんで児童が子ども。家族のようなもので、そこに関係ないお母さんがいつもいらっしゃると、お母さんの視線が気になるという児童がいまして、
また、わたしも視線が気になって、今までのように児童と打ち解けられなくて。困ってるんです。
多分、前任の先生も困っていたと思いますよ。」

ベテランの50代半ばの先生。心理学も学ばれているし、その先生が仰るなら、それは大変申し訳なかった。と反省
「それは、申し訳なかったですね。他の児童のみなさんにもご迷惑をおかけしているのなら、娘に言い聞かせて、なるべく廊下で待機するようにします。」

そう言って、その日以来、教室には入らず、廊下で待機するようにしたのです。
私がクラスにいるとやりずらいとは、どんな指導してるの?
見られちゃいけないことでもやってるの?
なにかおかしいと思いながらも。



これまでの不登校の経緯はこちらをお読みくださいね。
kanemotikaasan.hatenadiary.com

◎よかったら、応援クリックお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ

にほんブログ村 小学生日記ブログ 小学生 不登校へ

◎お知らせ
HSCのブログ村のトラコミュを作りました。
ぜひご参加ください。
にほんブログ村テーマ HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中へ
HSC(ひといちばい敏感な子)子育て中

ブログ村テーマ
不登校問題の考え方と支援のあり方

不登校を克服
学校、教育機関



◎節約ブログも書いています。
ポジティブ母さんの節約日記


follow us in feedly