読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

子育て中のママの心をわしづかみ。朝ドラ「べっぴんさん」で心に残る言葉がありました。

子育て

スポンサーリンク

毎週土曜日にまとめて観ている朝ドラ、「べっぴんさん」で、とても心に残る言葉がありました。

第11週 第57回、こんなセリフがありました

やんちゃな息子に手を焼く良子の相談をする、夫 勝二

息子のやんちゃぶりに手を焼き、悩んでいるヒロインすみれの親友良子。
落ち込んでいる良子と息子のことを相談しに、良子の夫勝二がすみれ家へやってきます。
そこで、板東家の女中頭、喜代さんがこう言います
「手ェかかる子はいい悪いじゃなくて、人の何倍も手のかかる子はおるんです。」
「ではどうしたら」と勝二。
そこで、喜代さんが言います。
何倍も手をかけてあげたらええんです。
周りに何人も大人がおるでしょ。
誰が親ややなくて、みんなで育てるんです。

良子を励ますすみれの言葉

翌日、落ち込んでいる良子にすみれは言います。
「龍ちゃん元気すぎて、良子ちゃん1人じゃ大変や思う。
あ、もちろん、わたし1人でも大変、君ちゃん1人でも大変、明美さん1人でも大変。タケちゃん1人でも大変。
だから、みんなで手をかけていこう。
そういう子はきっと、人の何倍も幸せになるんじゃないかな
。」

このセリフ、泣けました。
なんだか自分に言われたみたいでした。

娘は確かに手がかかる


思えば、小さな頃から娘はこだわりが強くて神経質。
手がかかる子でした。
このドラマの龍ちゃんのように、言うことを聞かずに動きまわるわけではありませんでしたが、すんなり保育園に行ってくれずに、会社を遅刻するなんてしょっちゅう。
また、お店の中で大泣きされて、しばらく立往生もザラ。
でも、娘は初めての子だったので、わたしのしつけが悪いんだと思っていたのです。
会社でも、子持ちの女性上司からよく注意されました。
きっとその女性上司のお子さんは聞き分けのいいお子さんだったのでしょう。

だから、良子ちゃんの気持ち、本当によくわかります。

子供もそれぞれ個性がある。
みんながみんな、聞き分けがよいわけではない

わたしの場合は、娘が不登校になって、やっと他の子と比べて神経質だということ、HSC気質があることに気がつきました。
必ず、手のかかる子、龍ちゃんのような子はいるのです。
それなら、
「何倍も手をかけてあげたらええんです。」
「そういう子はきっと、人の何倍も幸せになるんじゃないかな」

そう何倍も手をかけてあげる
ただ、それだけの事なんですよね。

喜代さんの言葉に肩の荷がおりました。

娘は人の何倍も幸せになる


おかげ様で、不登校になってから、娘はたくさんの方のお世話になっています。
毎日付き添いすれば学校に通えるようになったのも、たくさんの方が手をかけて支えてくださったおかげです。
人の何倍も幸せになる。という、すみれの言葉を励みに、周りに感謝しつつ、手をかけて育てようと思います。

◎いろいろな体験談が参考になります。
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

◎節約ブログも書いています。
ポジティブ母さんの節約日記


follow us in feedly