読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】娘が教室掃除に参加できた。が、しかし、母、居場所なくなる。

スポンサーリンク

教室掃除ができるように


ずっと同じ班のメンバーと、教室と廊下掃除ができず、誰も掃除していない相談室を母と二人で掃除していたことは、以前書きました。
それが、付き添い登校173日目にして、やっとクラスメイトに混じって、相談室隣の会議室の掃除ができるようになったのでした。
【不登校】付き添い登校も173日目。できないことではなく、できることに目を向ける。少しずつ、進歩しています。 - ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

そして、そして、

なんと、先週のあたまから、同じ班のメンバーに混じって、教室の担当箇所を掃除できるようになったのです。

この日をどんなに待ち望んだことか。
また、クラスメイトとの距離が縮まりました。

母、掃除時間に居場所なくなる

しかし、困ったのはわたしの居場所です。
掃除の時間、ポーッとしてると子供達にも良くないのではないかと、相談室の時は相談室の中や廊下を子供達と一緒に掃除していたのです。
教室掃除も何か手伝おうと、机を運んでいたのでした。

すると、担任の先生より
「掃除も子供達の大切な活動なので、お母さんは手伝わなくていいですよ。
お母さんはお母さんの仕事をなさってください。」
とのこと。

先生の仰るとおり、掃除も子供達の大切な勉強です。
一人だけ、親のわたしがでしゃばって、本来やらなければならない子供達の掃除場所を邪魔してはいけません。
ですので、それ以来、掃除はしないで見学することにしたのですが、なんだか肩身が狭いです。
なにしろ、娘の見える位置にいなくてはならない。しかし、突っ立って子供達の掃除の邪魔になってもいけないし。
う〜ん、困った😅

居場所がないのはいっときの事。ひっそりと見学します。

娘、二学期になってから、ドンドンできる事が増えています。
そもそも、掃除の時間も授業中も、親のわたしが付き添いなんて、ないのが本来の姿です。
掃除の時間の肩身の狭さがなんだ!
堂々と見学だ!
そう、前向きに考える母です。
付き添いも日々、進化しています。

◎サブブログ、立ち上げました。→ポジティブ母さんの節約日記

◎いろいろな体験談が参考になります。
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村



follow us in feedly