読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

救えなかった小さな命。お祭りの金魚すくいで娘から学んだ思いやり。

スポンサーリンク

昨日は地元の秋祭りでした。
前から金魚すくいをやりたいと言っていた娘。
ずっと楽しみにしていた今年の地元の花火大会は雨で潰れてしまい、金魚すくいができなかったため、秋祭りの最大の目的は金魚すくい。

今回の秋祭りは産業祭なので、金魚すくいがあるか心配していたのですが、果たして、ありました。

金魚すくいで娘が発した言葉

午前中の雨があがったせいか、祭り会場に着くともう大賑わいです。
とりあえず端から端まで歩くと、途中に待望の金魚すくいを発見!!
小学生以下無料ということで、長蛇の列です。
「金魚すくい、やりたーい!その後、他を回る。」
と娘が言うので、早速列に並びました。
並ぶこと約30分。
待ちに待った金魚すくいです。
結構丈夫な紙を使った金魚すくいポイだったようで、紙がなかなか破れず、娘は金魚を6.7匹すくってました。
5匹まで持ち帰れるとのことだったのですが、うちに暴れん坊な金魚が1匹いるので、あまりたくさんいても飼いきれないのでそのうち3匹連れ帰ることにしました。
すると、娘が1匹の弱々しい小さな出目金を見て言うのです。
「この出目金、弱っているから、連れ帰って助けたい。」
見ると今にも力つきそうに他の金魚にぶつかられてされるがままに浮いています。
「弱っているから、家まで持たないかもしれないよ。置いていこうよ」とわたし。
すると娘「でもかわいそう。
ここにいたらポイで追いかけ回されて、死んじゃいそうだし、助けてあげたい。」
というのです。
確かに、このまま金魚すくいをされ続けると、ストレスで死ぬのも時間の問題でしょう。
連れ帰った方が助かるかもしれない。
と思い直し、娘の意見を尊重して元気な和金2匹とともに連れ帰ることにしました。

出目金を大事に大事に連れ帰る

弱々しい出目金は他の2匹とは別の袋に入れてもらい、すぐにでもバケツに入れてあげようと、来たばっかりの祭り会場をすぐに後にしました。
帰りのバスの中でも、外を歩く時でも、出目金にストレスを与えないようになるべく袋を揺らさないよう両手で大事に抱える娘。
帰宅中、何度か元気に泳いだので、
「多分、家に帰って薬浴すれば、持ち直すんじゃない?」
と、楽観視しながら、家路を急ぎました。

すぐにバケツを用意するが

お祭りの金魚の育て方は昨年経験済みなので慣れたもの。
その時の記事はこちら。
【子育て】お祭りの金魚が長生き。私が実行した飼い方のポイント3つ - ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

玄関で靴を揃えるのももどかしく、すぐにバケツに水を入れ、中和剤投入。
水温をなるべく合わせるようぬるま湯もまぜた水に出目金の袋を浮かべました。
水温はだいたい30分くらいで袋と合うといいます。

30分、ジッと待ってました。
他の2匹の金魚も別のバケツを用意。こちらは元気なのであまり心配せずそのまま放置です。

待つこと30分。
袋をあけて、バケツに自然に出目金が出てくるのを待ちました。
待ちました。


バケツに袋を浮かべた時と全く同じ位置から動きません。


残念ながら、命を救ってあげることができませんでした(T ^ T)

娘の言葉から気づいたこと

今回、金魚すくいで弱っていた出目金を助けてあげることはできませんでした。
しかし、気づいたことがありました。

一つは、弱っている金魚を、あえて助けるために持ち帰ること。
今までのわたしはこういう金魚はすぐに死んでしまうから、元気な金魚を持ち帰ろうと思ってました。
しかし、弱っているからこそ助けようとした娘に、頭を殴られた気がしたのです。
そんな発想全くなかったですから。
金魚を物としか見てなかったということですよね。
大人として恥ずかしい。
弱いからこそ助けてあげる。
娘の純粋な行動からひとつ学んだわたしです。

二つ目は、娘にそんな優しいおもいやりが育っていたということです。
弱っているから助けたい。
死にそうだからこそ、できる限りのことをしてあげたい。
小さな出目金の命を大切にした娘の気持ち。
お墓を作ってあげた娘の気持ち。
いつの間にか成長していたのですねえ。
一人で学校に未だに行くことができない繊細さを持つ子ではありますが、それは短所でもあり、このように長所でもあるのですねえ。
この長所を伸ばしてあげたいと母は改めて思うのでありました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

◎為になるブログテーマ

▶︎こころを育てる生き方
▶︎ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
▶︎子育てを楽しもう♪

◎応援クリック励みになります^ ^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly