読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【情けは人の為ならず】は本当だ。巡り巡って自分に戻ってきた話

スポンサーリンク

情けは人の為ならず
という、有名なことわざがあります。
これは

「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」という意味である。

Wikipediaより引用

というように、人に親切にしたことは、いずれ巡り巡って自分に返ってくるという意味です。
このことをよく娘にも話すのですが、じつは、本当に体験したことがあります。

3年前の夏休みの出来事

あれは3年前の夏休み。
今年は夏の旅行の計画がなかった為、せめて近場でと都内のホテルに一泊したときの話です。
朝、ホテル内のレストランで朝食をとっていると、隣に海外からの団体ツアーの方が同じく朝食をとっていました。
後から聞いたら中国の方達でした。
娘はその当時5歳。
ワイワイ賑やかなツアー客に興味しんしん。
そのうち、同じくらいの年頃の娘さんが私たちのテーブルに近づいてきて、言葉は通じないものの、子供どうしあっという間に仲良くなったのでした。
わたしもカタコトの英語とボディランゲージで話しかけると、その娘さんは小学生で、上海から夏休みの家族旅行で来ているとのこと。
娘は何を話していたのかわかりませんが、朝食の短い時間でしたが、楽しんでいました。
いつ帰るのか尋ねると、朝食食べたらすぐとのこと。
そのまま朝食が終わって、上海の娘さんとは別れ、私たちは部屋へ戻りました。
すると、娘が突然、
「お土産を渡す〜」
と言い出します。
娘の優しい気持ちを尊重しようと、急いでホテル内のショップへGo〜!
キティーちゃんの小物を買い、バスで出発直前だった、その娘さんを探し出し、お土産を渡したのでした。

あれから2カ月。ある秋の夕方

そんな夏休みの出来事をすっかり忘れた、秋の夕方のことです。
娘と二人で出かけた帰り道、最寄り駅から戻るバスで、たまたま同じ保育園に通っている、中国人のママさんと一緒になったのです。
ちょっとした世間話をしながら帰宅中、そのママさんが、
「はい、これあげる」
と、差しだしてくれたのが、これ。

なんと上海土産のチョコレートだったのです。
「友達からもらったお土産なの。珍しいからどうぞ。」

もうビックリ(´⊙ω⊙`)です。
夏休みに上海の名前も知らないお友達にプレゼントした、キティーちゃんの小物が、チョコレートになって戻ってきたのです

そのチョコレートはありがたくいただきました。
ほらね。
情けは人の為ならず
っていうように、人に親切にすると、その出来事が巡り巡って自分に本当に返ってくるんだよね。
夏休みに上海のお友達にあげたプレゼントが、上海のチョコレートになって戻ってきたね。
親切にして良かったね(^ ^)」

さあ、ここで親らしいことをドヤ顔で話したのは言うまでもありません。

情けは人の為ならずは本当だ

それ以降、人に親切にするという話になると、この出来事を必ず引き合いに出して娘に話しています。
今思うと本当に不思議で、たまたま偶然だったとは思います。
えてして、人はわたし自身も含め、親切にした人から見返りを求めがちです。
ですが、この出来事で、人には親切にしよう。それがその人からではないけれど、やがて巡り巡って自分に返ってくる。と思い、行動することを心がけるようになりました。


最後までお読みいただき、ありがとうございます

◎為になるブログテーマ
▶︎こころを育てる生き方
▶︎ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活
▶︎日常の小さなできごとを愛する生活

◎応援クリック励みになります^ ^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly