読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】一難去ってまた一難。次は生活科見学。担任の先生の配慮。

スポンサーリンク

9月の最大イベント、運動会が終わると、次は生活科見学が待っています。
うちの娘のように、予定外の行事に参加できない不安の強い子供にとって、このようなイベントは、ハードルでしかない。
普通のお子さんだったら、楽しみで仕方ないイベントなのにね。

とはいえ、できれば参加させたい。

娘に聞くと、
生活科見学は行きたいけど、バスにひとりでは乗れない〜
と、予想通りの答えが。

そうだよね〜そうだよね〜。
まだ、学校に終日付き添って登校している状態なのに、いきなり生活科見学だけ親から離れていけないでしょう。

そこで、担任の先生に、
前回の春の遠足で付き添いしたように、今回も

  • バスに同乗できないか
  • バスに同乗できなければ現地集合。

と、二つの方法をお願いすることにしました。

すると、どうでしょう。
担任の先生
お母さん、一緒に行きます?
ただし料金が2倍になりますけど、来てくれたらわたしも安心です(^ ^)」

なんて、生活科見学付き添いを、逆に勧めてくださったのです。
そして
「今は給食をクラスのみんなと一緒に食べられないけど、生活科見学ては一緒にお弁当食べられるかもしれないしね。」
なんて、さらに前向きなことを言ってくださる。
「今日、校長に確認しておきますね」
と、アッサリ相談は終了。
なんだか拍子抜け(笑)

毎日の少しずつできることが増えている娘を、担任の先生も、見ていてくださっているんですね〜。
一学期を乗り越え、担任の先生と娘も雑談できるほど最近は打ち解けてきて、わたしもいろいろお話しできるようになり、最近は良い関係を築けている気がします。
小規模校で、各学年2クラスしかない小学校なので、マンモス学校に比べ人手が足りないと感じることも多々あるのですが、それでも、できる範囲で前向きに対応してくださるのには、本当に感謝しています。
小規模校だからこそ、対応が早いのかもしれませんね。


kanemotikaasan.hatenadiary.com
kanemotikaasan.hatenadiary.com
kanemotikaasan.hatenadiary.com
kanemotikaasan.hatenadiary.com
kanemotikaasan.hatenadiary.com


◎いつもありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


不登校・ひきこもり育児ランキングへ


◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly