読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【埼玉】お金をかけない夏休み 東松山に化石発掘体験に行ってきました。

スポンサーリンク

化石に興味を持ち始めた娘

この夏休みのテーマはお金をかけないレジャー。
博物館などの企画を探したりしていた中、娘が面白いものに興味を持ち出しました。

それは 化石です。

アンモナイトやサメの歯の化石などは、科学博物館などに行ったときに買ったことはあるのですが、図書館で借りた化石の本に、著者が発掘しに行って、発掘した化石の写真が掲載されていたのですねえ。
そして、
「化石、発掘してみたい」
なんて言い出したからたまらない(^^;;


ちょっとちょっと、化石なんてどこで発掘するのさ⁇

そこで、夏休みのイベントで行った、自然の博物館の学芸員さんに聞いてみた。

関東近辺だと、埼玉県小鹿野町の
おがの化石館
おがの化石館
もしくは
群馬県の
神流町恐竜センター
化石発掘体験 - 神流町恐竜センター
で、化石発掘体験ができるとのこと。
でも、いずれもクルマじゃないと無理そうな場所。
慣れない道は運転したくないしなあ。

東松山にあった!化石と自然の体験館


どこか、関東近辺で初心者でも化石発掘体験ができるところはないのか!
Google先生にいろんな言葉で検索していたら、あったんですねえ。電車とタクシーで行けそうなところが
東松山市 化石と自然の体験館

www.city.higashimatsuyama.lg.jp



今年4月からできたというこの施設。
なんと冷暖房完備とのこと。
早速予約して行ってきました。

館内はこんな感じ

アクセス

所在地 : 東松山市坂東山13

車: 関越道「東松山IC」から車で約10分
電車: 東武東上線 高坂駅からタクシーで10分 か、東松山駅からタクシーで15分

予約方法

電話もしくは電子申請
化石発掘体験予約/東松山市ホームページ

早速化石発掘体験です

まず、東松山の地層についてと化石についての説明を聞きます。

この、「化石と自然の体験館」にある土は、もともとは東松山市葛袋の都幾川層群と呼ばれる1500万年前から1000万年前の海で堆積した地層のものでした。
以前からサメの歯などの化石を産出することで有名だったそうです。
ところが、残念なことに2012年に葛袋で工業団地造成工事が行われ、その地層の観察ができなくなりました。
そこで、工事の際に掘り出した化石を含む岩石を保存し、理科の学習に役立てることになり、この体験館が建てられたそうです。
ですので、地層から化石を掘り出すということではなく、掘り出された土から、化石を探し出す作業をします。

その後、早速発掘です。

あらかじめ、掘り出された土とスコップやフルイは用意されているので、その土から化石を探し出すのです。

なんだか、砂金を掘る人の気持ちがわかるような作業(笑)

そんな地道な作業から、見つかりましたよ、化石が!
メジロザメの歯

オオワニザメの歯

ウニのトゲ

みんな海の生き物たち。
海なし県埼玉の地層から、海の生き物たちの化石が発掘できるなんて、ロマンですね〜!

他に、ハンマーとタガネを使って、岩石を割る体験もできます。
私達はやらなかったので、写真なしですみません。

アンケートに答えて終了

体験が終わったら、簡単なアンケートに答えて終了です。
もちろん、貴重な化石以外、見つけた化石は持ち帰りOKです。
娘もわたしも夢中で探しました。

料金

体験料金は
市内小中学生:500円
市内一般 :700円
市外小中学生:700円
市外一般 :1000円
です。

まとめ

駅からタクシーなのがちょっと痛いですが、冷暖房完備で雨天でも体験できて、本物の化石に触れられるので、なかなか貴重な施設だと思います。
何より、土の中から化石を発見した時の喜びはぜひ体験してほしいです。
東京近郊なら日帰りできる場所なので、親子でぜひ行ってみてくださいね。

*慣れたらガイドブック片手に、自力で発掘しに行きたいと思います。

化石ウォーキングガイド 全国版―日本各地に眠る古生物の痕跡探し27地点

化石ウォーキングガイド 全国版―日本各地に眠る古生物の痕跡探し27地点

化石ウォーキングガイド 関東甲信越版: 古代ロマンを求めて化石発掘26地点

化石ウォーキングガイド 関東甲信越版: 古代ロマンを求めて化石発掘26地点

◎いつもありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村



follow us in feedly