読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

夏休みの宿題 無理なく続けられる目標を考えた

つれづれ-子育て つれづれ 不登校-HSC

スポンサーリンク

子どもの夏休みの宿題に、「夏休みに達成したいこと」というものがあります。
これは、学習面、生活面、お手伝い、体力づくりの4項目に分かれていて、それぞれ目標を考えて夏休み中に達成するべく努力するというもの。
その中で一番困った目標が体力づくりです。

かくいううちの娘は、昨年不登校になって以来、なぜか学校に通えるようになった今でも、体育だけはやらないのです。
理由は体操着に着替えるのが恥ずかしいから。
ですので、水泳学習なんて以ての外。
毎回見学です。
泳ぐのは好きなのに、なぜか学校では入らない。
それじゃ、わたしが好きなマラソンを一緒に走ろうと誘っても、走るのは嫌だと言う。

逆上がりがまだできないので、そうだ、逆上がりの練習しよう。
と誘うも、こう暑いと親のわたしがめげて
練習に連れて行けない。

何か無理なく続けられるものはないかと探し
そうだ、ラジオ体操だ
と閃きました。
なぜか、わたしの住んでいる町内会では、夏休みの定番のラジオ体操をやっていないのですが、今は便利ですね〜。
YouTubeにNHKのラジオ体操の動画がちゃんとありました。


ラジオ体操第一

これなら、6時半の放映時間に間に合わなくても、朝起きてから自分たちのタイミングで体操できます。
パジャマでもOK。
寝ぼけていても、ラジオ体操すれば目も覚めるというもの。

試しに2日間やってみたのですが、娘も「これなら続けられる!」
と、乗り気。
81歳のうちの母もやる気になり、家族みんなで、毎朝ラジオ体操が日課になりそうです。
このまま習慣になって、6時半の放送に間に合うように起こすようにもっていきたいと、今から企み中。
がんばるぞ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly