読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】娘が挑戦!母、廊下で見守るの巻〜。

スポンサーリンク

今年の2月から始まった、弁当持参の娘付き添い登校も、半年を過ぎました。
【不登校】5カ月ぶりの給食 - ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

なかなか教室へ入れず、廊下で一時間過ごすことがあったり、図書室でひたすら過ごすことがあったり、やっと慣れたと思ったら、年度変わりでクラス替え。
また、教室に入れなくなって、母親のわたしが泣きたくなったり。
それも徐々に落ち着き、最近は終日教室で過ごせるようになりました。

母は付き添い疲れ

しかし、毎日教室にいると、いろいろなことに遭遇。
先生のご指導の声と子供達も賑やかな声に、付き添いのわたしもさすがに疲れてきました。
賑やかすぎて声に疲れるということもあるのですね。

そこで、別室で給食を食べている時に、ダメ元で娘に言ってみました。

「毎日教室でいろいろな声を聞いていて、疲れてきたよ。
6時間目、かあさん、廊下にいていいかな?10分くらいから始めてみない?」


娘、しばらく考えます。



そして


「5分なら、いや3分なら、あ、30秒ならいいよ。」

私「30秒なら意味ないって。」(笑)

と、あれだけ私が隣にいないとダメだった娘の口から、少し前向きな言葉がでたのです。
「でも、教室のドアは開けっ放しにしてね。」
ですって。

6時間目、初めて廊下で見学する

そして、6時間目になりました。
6時間目は算数です。

「私がいいって言ったら廊下に出てね。」
と、やる気継続。

そして、練習問題のプリントをやる時に
「いいよ。」

と私を廊下に出したのです!
もちろん、ドアは開けっ放しで私は娘から見える位置ですが、教室の外に母親を自分から出したのでした!
時間にしてほんの10分ほどですが。

また、答え合わせの時間は呼び戻されましたが、娘、やりました!!

そして、少し自信をつけた娘、次の帰りの会のでも廊下にいて良いと、わたしを廊下へ。
もちろん、ドアは開けっ放しでよく見える位置でしたが。

娘の一言

帰宅後、娘がボソッと言いました。
「今日、(母から少し離れた)できたよね(^ ^)」

できないできないと言いながら、本人も母親から離れられたことが嬉しかったんですね〜!!
わたしも本当に嬉しくて、担任の先生にもしっかり報告。
今後も時々廊下にでることをお伝えしました。

先が見えない付き添い登校でしたが、また少し、明るい兆しがみえてきました。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

いつも応援ありがとうございます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly