読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

名曲は世代を超えて「世界に一つだけの花」が今の小学生にも人気

スポンサーリンク


画像はAmazonからお借りしました。

いまどきの小学校での発見

娘の付き添いで小学校の授業を受け始めて、早5か月半。
その中で、様々な発見があります。
kanemotikaasan.hatenadiary.com
kanemotikaasan.hatenadiary.com


音楽の授業で「世界に一つだけの花」が歌われた

週に3回ある音楽の授業にも、常に参加。
その授業の中で、
SMAPの「世界に一つだけの花」が副読本の歌集に載っていて、1年生の時からしょっちゅう歌っているのです。
みんなこの歌大好きで、歌詞も見ずに大きな声で大合唱。
とても上手。

「世界に一つだけの花」は、2003年のヒット曲

「世界に一つだけの花」この曲は草彅剛さん主演の「僕の生きる道」の主題歌。
その後大ヒットして、その年の紅白では白組初の、男性グループSMAPが大トリをつとめることとなり、誰もが知ってる曲です。
世界に一つだけの花 - Wikipedia

でも、でもですよ。

今、わたしが見学している子どもたちは小学校二年生。2008年〜2009年生まれです。
この曲が大ヒットした年には、まだ、生まれてなかったのです。
その子どもたちに昨年習った歌で好きな歌は?というアンケートを取ったら、「世界に一つだけの花」が、上位になったとのことでした。
多分、まだ、彼らは歌詞に込められた意味
ナンバーワンではなくオンリーワン」という主題。
もあまり理解してはいないと思うのですが、良い歌は世代を超えて、歌い継がれるんですね〜。

副読本に載った時点で、学校関係者から評価されたということだと思うのですが、その中から好きな歌を選ぶのは子どもたちの自由意思。
たくさんの学校関係者オススメの中から、子どもたちに選ばれた
「世界に一つだけの花」
この歌の力の凄さを改めて感じた次第です。

歌い継がれる「世界に一つだけの花」

このように、世代を超えて歌い継がれる「世界に一つだけの花」
子どもたちに、

「ナンバーワンではなくオンリーワン」
という、自己肯定感を持って、生きてほしい。

音楽の授業を見学しながら、そんなことを考えたのでした。


今日もお読みいただき、ありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly