読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【HSC ひといちばい敏感な子】また、レントゲン撮影できませんでした。

不登校-HSC 不登校

スポンサーリンク

前回、土曜日にわたしの左腕の痛みで行った病院で、レントゲン撮影ができなかったことを書きました。
kanemotikaasan.hatenadiary.com

その後、肩の痛みは和らいだものの、腕がなんとなくしびれるので、本日娘を連れて、再度整形外科を受診しました。

行く前から、娘は
「できない、できない(わたしから離れられない)」
を繰り返します。
「レントゲンは撮影時間は30秒もかからないんだよ。
すぐ隣の部屋から見えるんだよ。
とにかく、練習しよう」
と、わたしも痺れが気になるので必死。
なんとかなだめて連れて行きます。

が、結果

撃沈

病院に着くと、もう検査技師さんも看護師さんもすぐに準備してくださり、撮影も、服を脱がずにすぐ撮れる状態。
看護師さんもみなさん娘の相手をしてくださったのですが、いざ撮影となると
娘、わたしの腰にしがみついて大泣きです。

*絵ごころがないため、こんなイラストでお許しください。

あのー、ほんの30秒、離れ離れになるだけなんですけど(^^;;?????
まるで一生の別れみたい。


結局。
これ以上粘っても病院にご迷惑をかけるため、また、出直すことにしました。

娘のために学校から放課後から、ずっと付き添っているのに、わたしのために、少しくらい協力してくれてもいいのに。グチグチ。
なぜ、レントゲン撮影する一瞬だけ、離れることができないのか。
これも敏感さ故の行動なのか。母子分離不安はまだまだ根深いです。
次回、娘の通院の時に、主治医の先生に聞いてみたいと思います。

そしてそして、自分の病院受診もままならないえがさんです。
娘が成長するまで、待つしかないのですかねえ。

しかし、今までも、娘を何度も同じ場所に連れて行って、慣らしてきました。
レントゲン室にも、何度も連れて行けば慣れるかもしれません。
諦めず、明日再度チャレンジしてみます。

◎ランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly