ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】全校遠足行けました!遠足での学校の対応に対して感じたことと結果(反省と対策編)

スポンサーリンク

遠足から数日経ち、冷静になりましたので、今回の問題点と対策をまとめてみます。

これまでの記事
kanemotikaasan.hatenadiary.com

kanemotikaasan.hatenadiary.com

kanemotikaasan.hatenadiary.com

よかった点

  • 事前に担任の先生といろいろな対策を考えることができた。
  • 事前に下見をし、本番の練習ができた。
  • 下見をすることで、和式のトイレが苦手とわかり、事前に学校のトイレで練習できた。

*記事には書かなかったのですが、本番では公園の和式のトイレを使うことができました(^ ^)

  • 下見したので和式のトイレが使えなかった場合の対策も考えることができたのも、心の余裕につながりました。
  • 下見をして、面白い遊具があることがわかり、当日遠足に参加するきっかけになった。

反省点

  • 前日まで遠足に行けるかわからなかったため、担任の先生と当日の行動をどうするかの相談がほとんどできなかった
  • 相談できなかったため、当日は一番最後の列に事情がほとんどわからない教頭先生と養護の先生が来てしまい、ほったらかしのような状況になってしまった。

*帰宅後、校長先生から話を聞いたところ、娘は緊張しやすく敏感なので、なるべく緊張させないように、声をかけないでそっと見守りましょうと全職員に徹底していたとのこと。
それで、4月に着任したばかりの教頭先生は、娘とまだ親しくないため、そっとしておこうと思われたそうです
前任の教頭先生は、必ず娘に温かい声をかけてくださる方でした。
それだけに今回の新教頭先生の対応は残念だったのですが、認識の違いです。
わたしの詰めが甘かった。

  • どんな事情にせよ、子供の前で感情的に教頭先生に訴えたのはまずかった。反省。

今後の改善点

学校や担任の先生とは、毎日顔を合わせてコミュニケーションをとっているつもりでも、うちの娘ばかり見ている訳ではないので、伝わらないこともあります。
今後は前日までに、当日の行動をよく相談して、行き違いのないようにする。

今回の遠足での学びはこんなところでしょうか。
娘に付き添いながら、親のわたしも日々勉強ですね(^_^)a

これにて、遠足の話はおしまいとさせていただきます。
長い間お付き合いいただき、ありがとうございました。

◎えがさんはこんな人
kanemotikaasan.hatenadiary.com


◎ランキングに参加中
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

◎体験談に励まされる毎日
にほんブログ村 子育てブログ HSC(人一倍敏感な子)育児へ
にほんブログ村


follow us in feedly