読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】助けて!と素直に伝えることの大切さ。娘の不登校から学んだ事

スポンサーリンク


お花見にママ友が誘ってくれました

先日、保育園時代のママ友が、娘と私を近所の土手のお花見に誘ってくれました。
もちろん娘が緊張して、当日現地に行けるかわからないことを承知の上で誘ってくれました。
私はとにかく、娘と学校の友達と、遊ばせる機会をなるべく作りたいので、その好意に甘えることにしました。


お花見当日

前日から当日午前中にかけて。
娘は迷いつつも花見に行く気で、当日はお弁当のおかずを自分でつめたりしていたのですが、集合時間が近づくにつれ、
「あー緊張する。行きたくなーい!!」
が始まりました。
「じゃあ、やめてもいいよ」
と私が話すと、しばらく考え、
「やっぱり行く。でも緊張する〜」
の繰り返し。
結局いつものパターンがで、途中まで行って、ダメだったら帰ってくることにしました。

家を出ます。
途中までは足取り軽く歩くのですが、やはり花見の場所に近づくにつれ、
「やっぱり行けなーい!」
と、立ち止まる。
結局、土手の周りを約1時間ほど周り、現地に行けずに一旦帰宅。
重い荷物を持って付き合った、母ちゃんはクタクタです_| ̄|○



が、しかし、またもや
「行けるかも〜」
と勇気を出した娘。
リベンジは自転車で一気に土手まで。

待ち合わせから1時間半も経っていたのに、友達親子は待っていてくれました(T_T)

そして、少しづつ少しづつ娘も近づき、友達親子に合流。

その後は夕方まで楽しく友達と遊んで帰宅できました。

最近の娘の行動パターン

最近の娘のパターンは、どこへ行くにも、行くまではかなり緊張するのですが、行って友達に会えれば、緊張が解けることがわかってきました。
ですので、友達の誘いはなるべく断らずに、以下のお願いをあらかじめするようにしました。
1.行くまでにかなり緊張するため、遅刻してしまうこと。
2.緊張しすぎるとその場にいられなくなるため、途中で離席したりすること。

すると、娘、緊張が解ければ友達と遊べるのです。
また、近所で遊ぶと、偶然に学校の他の友達とも会えるため、また遊べる友達が増える。

誘ってくれるママ友親子のおかげで、春休みも学校の友達と交流する機会があり助かってます
何しろ、自分から誘っても、当日の娘の緊張度が予測できないため、どうなるかわからない。となるとなかなか自分からはさそえないので。
娘に付き合ってくれるママ友親子、本当にありがたい。
大切にしたい友達です。

娘の不登校で気づいたこと

実は私は長女で、昔から甘え下手なところがあります。
どちらかというと、1人でなんでもやってしまうタイプ。
しかし、今回、娘が不登校になったことで、本当にたくさんの方の力を借りる形になりました。学校しかり、家族しかり、ママ友しかり。
人間、1人では決して生きてはいけないんですよね。
この半年で、甘えるときは甘えていい。
助けて欲しい時は周りに助けを求めていい。

そんな事を学びました。
まだしばらくは周りに甘えっぱなしになりそうですが、差し伸べてくれた手には、素直に甘えようと思いました。

▼▼参加トラコミュ・参考にしています。▼▼

不登校の集い
不登校
不登校ゆっくりゆっくり


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ