読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】持つべきものは友

スポンサーリンク

カウンセリングルーム探しは続く

kanemotikaasan.hatenadiary.com


大学の心理相談室やNPOのカウンセリングルームから断られてからも、相談できる機関を探してました。
そんな中、たまたま駅の近くに昔からあるカウンセリングルームに電話をしてみたのです。
そこは、アドラー心理学を主とした、カウンセリングルームでした。
不登校対応もやっているとのこと。
しかし、やはりそこも、対面相談しかやってなく、電話相談はやっていないとつれない返事。
ましてや、訪問カウンセリングなんてもっての他という感じ。
先週、5か月ぶりにやっと小児神経内科を受診できた娘を、そのカウンセリングルームに連れて行く自信なし。
一旦そのカウンセリングルームは諦めました。

アドラー心理学から閃いた

「しかし、「アドラー心理学って言ってたよな?」



アルフレッド・アドラー

アドラー心理学といえば、旧友Nちゃんが勤めている会社もアドラー心理学のカウンセリングスクールだということを、急に思い出したのです。
彼女はカウンセラーではないけれど、よく、会社の話は聞いていたのでした。

「そうだ、Nちゃんに連絡してみよう。」

子供が生まれてから、お互いの環境の違いから、年賀状のやり取りだけになってしまった旧友Nちゃんに、6年ぶりに連絡しました。

Nちゃんに連絡

Nちゃんに電話。
そうしたら。
うちは不登校対応得意だから
1年生の不登校なんて、風邪みたいなもんよ。大丈夫(^ ^) 」
と、なんとも心強い返事。

「月曜日に社長に話して、カウンセリングの予定、聞いてみるね。
あ、こっちまで連れてくるのが難しかったら、電話相談もやってるから。」

と、急展開。

そして今日、月曜日。
早速返事がきて、今週半ばにスカイプ相談の予約ができました。
Nちゃんの友人ということで、早めに日程を組んでくださったようです。

灯台下暗し。持つべきものは友。
もっと早く、連絡すれば良かったよ。

と、まあ、小児総合医療センターより先に、アドラー心理学のカウンセリングを受けられることになりました。

Nちゃん、本当にありがとう。

*今日の娘の進歩
給食当番を7ヶ月ぶりにやりました


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


不登校について、参考になります。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 トラコミュ 不登校へ
不登校