ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】娘の1日とちょっとした変化

スポンサーリンク


(c) .foto project

こんにちは。えがです。

2月に入り、娘の1日の予定がだいたい決まってきた。

【娘の1日】
8時半 担任の先生と校門で待ち合わせ。連絡帳を渡す
その後、しばらく校門前で行くか行かないか迷う

9時半 図書室へ

出られそうな授業に出たりでなかったり


12時半 給食を別室で食べる(私は弁当持参)

13時 相談室の掃除

13時25分 昼休み

13時40分 授業に誘って、途中から出る時もあり、相談室にいる時もあり

14時40分 下校 学童へ

17時 学童から帰宅


この間ずっと、えが、つきっきり。

私が小学校に入学したようだ。

学校で過ごすようになってわかったのだが、学校の廊下、階段は本当に寒い!
日陰なんか冷蔵庫の様、外より寒い!

教室は全室エアコンが完備されているので暖かいのだが、廊下、階段にはない。
鉄筋コンクリートの寒いことったら、あなた!

でも、せっかく通えるようになった学校だ。ここでへこたれては今までの苦労が水の泡。
室内なのに、あー室内なのに、毎日上は6枚重ね、下は3枚重ねの重ね着で、寒さに対応しているえがである。
もう、かっこなんか構ってらんないのだ。



そんな生活を1週間続けていたら、
今日、学童で娘がこう言った。

「ママは中にいていいよ」

自分は外で遊ぶけど、ママは学童の室内にいていいよと言ったのだ。
実は学童に行けるようになって20日あまり。
ずっと外で遊ぶときも中で遊ぶときも、自分の目に見える場所に居てと言った娘が、今日は室内(自分から見えない場所)に居ていいと初めて言ったのだ。

「いいの???」

毎日寒さに打ちひしがれていた私だ。
もう願ったり叶ったり。
喜んで室内で待たせていただいた。

事情を知っている指導員さんも一緒になって喜んでくれて
「少しづつ、少しづつですよ(^ ^)」
と励ましてくれた。

娘も友達と遊んでいる時はすっかりえがのことを忘れていて、帰るよと声をかけるまで気が付かなかったようである。

この調子で少しづつえがから離れられるようになってくれるかな?

今日はこんなところで。




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ