読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

【不登校】昨日は学童初日。お友達が助けてくれました

スポンサーリンク

先週の木曜日に4ヶ月ぶりに授業に参加できた娘。
kanemotikaasan.hatenadiary.com

しかしまだまだ教室へのハードルはかなり高く、翌金曜日も4時間目に出席するのに、通学路を4往復。
5時間目も3往復してなんとか教室へと、一筋縄ではいかない。

学童再入室当日

そんな感じで土日をはさみ、いよいよ月曜日、学童初日。
朝から、今日行けるかなあ。と不安そうな娘。
とりあえず、毎朝の日課である、担任の先生との校門での連絡帳の受け渡しはスムーズにできた。
しかし、その後の教室の誘いは断り帰宅する。
そして
「今日は学校行きたくない〜」
と言い出す。
今日はだめかなあ。と、ちょっと弱気になるえが。
しかし、毎日学校の中に入ることで自信をつけさせたい。
「じゃあ、今日は5時間目に行ってそのまままっすぐ学童行こうよ」
と、誘い、娘もしぶしぶ学校へ

嬉しい偶然は重なるもの

校門の前の花壇で、またしても
「今日は帰る〜」
と行き渋る娘。
しかし、しばらくすると考えなおし
「今日は教室じゃなくて、音楽室は?」
と提案してきた。
教室だろうが、音楽室だろうが、とにかく学校に入るのが大事!
「いいよいいよ、音楽室行こう!」
娘、一歩校門をくぐる。

職員玄関でまたもや行くか行かないか悩んでいると、たまたま教頭先生にお会いする。
「これから相談室にいる、Yちゃんに会いに行くの」
実は、クラスには娘の他にもう一人Yちゃんという不登校ぎみのお友達がいる。
Yちゃんはうちの娘よりは学校に通えているが、相談室も利用していて、今日は相談室にいるというのだ。

このYちゃん、娘を学童に行く気にさせてくれた恩人でもある。
そんなYちゃんが学童に誘ってくれれば、きっと学童へ行けるはず!!

kanemotikaasan.hatenadiary.com


果たして
神様は娘に味方してくれました。
相談室にYちゃんがいたのです。
相談室の先生が2時までのため、あと10分くらい遅ければ、誰もいなかったかもしれないのですが、Yちゃんに会えたのです。

予想どおり、一緒に学童に行くことになり、下校時間まで相談室にいることになりました。

いざ、学童へ

運の良いことは重なるもので、
下校時間になり、窓をながめていたら、ちょうど教室から学童に行くお友達が見え、二人が手を振ると気づいてくれました。
そして、
そのうちの一人が、相談室にいる二人を迎えに来てくれたのです!
家では行き渋っていた娘も、友達二人に囲まれたら嫌とは言えず、みんなで学童へ。

中へ入ると、今日から学童再入室を知っていた1年生のお友達が大歓迎。
ランドセルをロッカーに入れて、すぐに外へ。
建物の中は緊張して入れないと言うので、ひたすら外遊びで、なおかつえががそばにいないとダメという状況でしたが、お友達と楽しく遊んで、帰宅できました。

今後について

誰にも会えずにいた不登校になり始めの時期に比べ、友達と遊べる今、かなり精神状態は改善していると思われます。
が、依然として、えがから離れないのも事実。
今まで娘がカウンセリングや相談室をことごとく拒否してきたため、電話相談でしかアドバイスを受けられなかったのですが、そろそろ次のステップに移れないか、臨床心理士さんのカウンセリングを受けられないか、考えていきたいところです。


しかし、今日も寒かった(^^;;






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ