読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポジティブ母さん今日も行く〜不登校からの復活

離婚を機にお金の勉強に目覚めました。さあこれからという矢先、小1の子供が不登校に!もしかしたらHSCかも。このピンチどう乗り越える?シングルマザー奮闘記

子供を見守るということ

スポンサーリンク


著作者: tanya7leigh
http://free-photos.gatag.net/2013/12/06/190000.html

昨日、雪かき頑張って腰の痛いえがです。
おはようございます。

昨日は関東地方は大雪。
普段はほとんど降らない関東地方、積雪4センチでも大打撃なのは報道されているとおり。
http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2682308.html

わが家の周りも、降ったらすぐに雪かきしないと道路が凍結してしまう。
私は普段は平日は仕事のため、雪かきはご近所のみなさまにお願いする形になってしまうのだが、今日は休みなので娘とともはりきって雪かきしました。
集合住宅なので、誰かがはじめると、ご近所の有志が集まり、みんなで一気にやるから早い早い。

以前の私なら、とりあえず家の周りと駐車場を雪かきするだけでした。
ですが、子供が小学校に上がると、通学路も気になります。
家の周りがあらかた終わったので、次は通学路の遊歩道を雪かき。
すると、ご近所の奥様が、
「ここ、子供が通るから、しっかりやらないといけないのよね〜」
と、すっかりキレイに除雪してくださいました。
こういうご近所のみなさまの温かい気持ちが、子供たちの安全につながっていたんだと、気づかせていただきました。
その後、気になったので子供たちが遊ぶ公園へのスロープを子供がソリ遊びしている間に除雪。
スロープは子供も通るし、ベビーカーも通る。滑ったら危ないですからね。
なんだか使命感に燃えて、がんばりました。

子供を見守るということは、こういう小さなことからなんだなあ。
と、ちょっと気付いた雪の日です。
でも、もう雪は降らないで欲しいなあ。


にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ